キリトリハリツケ3

 
 
 
 

佐鳴湖のカワセミ(1)

カワセミ探しに多くの時間を割いているのに結果が出ないので、
浜松市の佐鳴湖へ行ってきました。このコが出迎えてくれました。
佐鳴湖01


カワセミの事なんて完全に忘れてしまう魅力がある。 
佐鳴湖02
佐鳴湖03


カリカリカリカリカリカリカリカリ・・・・
佐鳴湖04
佐鳴湖05
佐鳴湖06
佐鳴湖07



佐鳴湖08


歩いていたら至近距離にいた。そして移動してしまったカワセミ。
遠いので大トリミング。
佐鳴湖09



佐鳴湖、なかなか良い所だ。
佐鳴湖10



ウォーキングには興味ないですけど。
もう少し近ければ、毎週通いたい所だ。
佐鳴湖11



しまった。タムキュー持って来れば良かった・・・
佐鳴湖12



オオヨシキリかな。
野鳥の種類も多い。人間も多いが動物も多い。
佐鳴湖13




カワセミ撮影ポイントへ向かいましたが、カワセミは。。。。出て来ない。
この湖は全国でもワースト2の水質と聞いたのですが、北部はキレイだった。
佐鳴湖14



カワセミはいない。いるだろうけど出て来ない。
しかも雨が降ってきそうなので雨を回避するべく、
一旦ここを離れて、浜名湖へ向かいました。
ユリカモメ達が帰ってきてるかな、と思って。
佐鳴湖15
EOS 7D:SIGMA 150-500mm
撮影地:佐鳴湖 http://goo.gl/maps/pc7dX



浜名湖にユリカモメは・・・いなかった。orz



「午後再訪・カワセミ現れる。しかし三脚の剛性不足と腕の悪さにガッカリした」編に続きます。
主に腕の悪さにガッカリ。
スポンサーサイト
 
 
 
 
Comment
 2012.09.02 Sun 07:48  うっしー #PQ3IL3Iw
良いですねぇ、ここ!
エゾリス君(でしたっけ)が特に可愛い!
ぼくの住む辺りでは動物園に行かなければ会えないので、
こんな風に自然の懐に抱かれて会えるのなら、
ぼくならしばらくはまってしまいそうです(笑)

三脚の剛性と言えば、写真の師匠がカワセミ撮りをする人で、
かなりぶっとい足の、こんなんどうやって運ぶんだ!的な三脚を
彼が営んでいた店内に、ど~んと置いてありました。

ぼくはと言えば、5Dm2にLレンズは、かなり苦しいことと知りつつ
ULTREK 45Lならリュックに入入るかしらん?などと
軟派なことを考えていました(爆)

  [URL][Edit]
 2012.09.02 Sun 22:49  もりまん #-
予想よりも良い所でした。

本日も行って参りました。
リスとの至近距離での遭遇はカワセミ撮影よりも嬉しかったです。
出会えるようで出会えないリス。カメラ片手に色々出歩いても、
見つけたのは2度目でございます。この湖では目撃例が多いようです。

さて。三脚の剛性については、見直さなくてはならない懸案となり、
本日リアル店舗に行き、海外有名メーカの価格も見た目もゴツい
三脚に触れてみました。

で。。。

「とりあえず今のヤツで我慢する。」 
そんな結論に達しました。( ̄ε ̄)タカイ


ULTREK 45L、一度使ってみたい三脚です。
昭和の森というライトなトレッキングコースに行く事が多いので。
前述の内容と矛盾しますが、取れるオプションは多い方が良いのです。
Re: タイトルなし  [URL][Edit]
 2012.09.05 Wed 00:44  J.Seagull #CevbjWJc
ユリカモメさん、お留守でしたか(><)
普通はやはり10月以降でしょうから、ゆっくり待ちましょう^^

リスはカワイイですが、じっとしていない上に、木の枝にいるので
ピントが難しそうですね・・・
  [URL][Edit]
 2012.09.05 Wed 04:36  もりまん #-
ユリカモメは帰ってきてはいませんでしたが、
リスとカワセミを見る事ができて、溜飲が下がりました。
おっと、元々カワセミ目的でココに来たのでした。(゚ε゚)
Re: タイトルなし  [URL][Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
Trackback
http://wildpig.blog89.fc2.com/tb.php/973-06349a33
 
 
 
 
プロフィール

もりまん

Author:もりまん

一眼レフを手にして2017年夏で7年が経過しました。趣味としては一番長く続いています。飽きると全て放り出すので、あまりムキにならず頑張らずマナーを守って楽しんでいきたい。そんな感じの写真ブログです。

 
 
 
 
 
 
Flashカレンダー
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
 
 
Pagetop