キリトリハリツケ3

 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
 

結局「佐藤錦の“錦”」の由来は何なの?

サクランボを狩ってきました。
山があってもヤマナシ01

山があってもヤマナシ02



露出爆上げな女子カメ的撮影より、アンダーの方が好きかも。
山があってもヤマナシ03



山があってもヤマナシ04



山があってもヤマナシ05



AFが効きにくい条件で、やっと測距したら・・・
山があってもヤマナシ06
狩人の手がフレームイン。(´∀`;)
山があってもヤマナシ07



バラも少々撮ってきました。
山があってもヤマナシ08



山があってもヤマナシ09



やはり暗めが好きかも。
山があってもヤマナシ10



この日のバラ写真、諸般の事情によりブログで使えるのは3コマ。
山があってもヤマナシ11



某ワイナリーにて。
山があってもヤマナシ12
EOS 7D:TAMRON 17-50mm+430EX II / 70-300mm



「佐藤錦」
佐藤栄助氏によって品種改良され、出羽国(山形県の旧名)にちなみ、「出羽錦」と名づけるところでしたが、栄助氏の友人である苗木会社の社長が「砂糖のように甘い」と「佐藤さんが作った」という2つの意味を込めて「佐藤錦」と命名した。
さくらんぼの由来(元祖佐藤錦、東根にふれる) - さくらんぼ辞典 清川屋




撮影地:山梨県
スポンサーサイト
 
 
 
 
Comment
 2012.06.13 Wed 21:25  うっしー #PQ3IL3Iw
こんばんは。
露出をアンダー気味にするか、ぶっ飛ばしちゃうかは、
サクランボに対するイメージみたいなものの違いもあるでしょうけど、
色味をはっきり出したいのなら、やっぱアンダー気味の露出に賛成です。

かれこれ10年以上ゆうパックを使って双方の実家へ美味しいものを送り、
日頃の親不孝をごまかしてますが(汗)
どちらの家でも毎年必ず頼むのが、佐藤さんであります。
我が家に近いカミさんの実家からお裾分けを戴いているので、
ごまかすことすらできていない状態ではあります(^^;
  [URL][Edit]
 2012.06.13 Wed 22:00  もりまん #-
こんばんは。

アンダーは好きなんですが、上げ忘れ撮影続行してアレな結果を
招く事も多いのです。DPPはおろか、Lrですら修正不可能な
事もしばしばであります。ISOの設定もまたしかり、です。

佐藤さん、美味しかったです。(^ω^)
日照時間が多めな場所の所は特に。
(簡単に手が届く場所は採り尽くされていました)
Re: タイトルなし  [URL][Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
Trackback
http://wildpig.blog89.fc2.com/tb.php/903-7c1b6fca
 
 
 
 
プロフィール

もりまん

Author:もりまん

一眼レフを手にして2017年夏で7年が経過しました。趣味としては一番長く続いています。飽きると全て放り出すので、あまりムキにならず頑張らずマナーを守って楽しんでいきたい。そんな感じの写真ブログです。

 
 
 
 
 
 
Flashカレンダー
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
 
 
Pagetop
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。